相続の流れと弁護士の関わり

家族が亡くなればその遺産をめぐる相続が開始されるというのは広く知られているところですが、実はその遺産というのは、いったんは相続人全員が共有する状態となってしまいます。たとえば亡くなった人の財産であった不動産を名義変更する場合であれば、代表者を立てたとしても、基本的には相続人全員が同意しなければならず、このようなことをいくつもある遺産のすべてに対して行っていたのでは、たいへんな労力がかかってしまいます。そこで、誰に対してどのような遺産を配分するかを決めるため、相続人全員が集合したうえで、遺産分割協議とよばれるものを行うのが通例となっています。この遺産分割協議を行ったあとで、そのことを証明するため、相続人全員が、市町村役場に登録された実印をもって署名押印をした書類を作成し、以後はこの書類をもとにして名義変更などの作業を行うのです。

この書類は遺産分割協議書とよばれていますが、法律の知識がないと、思わぬ不備があってやり直しになってしまうようなこともありますので、法律にくわしい弁護士に相談をして、アドバイスを事前に受けておくのも薦められます。そのまま弁護士にすべての名義変更の手続きを依頼するということもできますので、もし必要があれば、そのことについても相談をした上で、どの程度の費用がかかるのかを、弁護士から見積もってもらい、費用的になっとくができれば契約をして、ただちに作業に入ってもらうのがよいといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする