相続における遺留分と弁護士

亡くなった人が遺言書を生前に作成していたという場合、それが有効なものであれば、たとえば法定相続人とされている人以外に対してでも、遺言をした人の意思によって、遺産を自由に受け渡すことができるようになっています。しかし、遺産というのは残された家族にとっては生活の糧になるという意味合いもありますので、あまりにも常識をはずれたような遺産の配分が認められてしまうと、遺族の生活に大きな困難を生じることにもなりかねません。このようなことから、相続について規定して民法のなかでは、遺留分とよばれる考え方を設けています。この遺留分というのは、亡くなった人の配偶者や子、直系尊属に認められている権利で、たとえ遺言があったとしても、法律で定められた遺産のなかの最低限の割合は相続できるという取り決めを指しています。

遺留分は、当然に認められるというものではなく、請求をしてはじめて認められるという性質のもので、遺留分減殺請求を相手に対して起こさなければなりません。このような複雑な法律がからんだ問題は、個人のちからでどうにかするというよりも、法律のプロである弁護士に相談し、弁護士のアドバイスを受けながら解決をめざすのがよいといえます。相続問題に強い弁護士がみつかればそれが一番ですが、どの弁護士であっても法律問題はひととおりカバーできますので、まずは適当な法律事務所にアポイントをとって、弁護士の法律相談を受けるのがよいでしよう。広島の交通事故の慰謝料のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする