相続の方法の違いと弁護士

亡くなった人からの財産を、その人と一定の血縁関係にあった人たちが受け継ぐのが相続とよばれるものですが、多くの場合は、遺産を条件なくそのまま受け継いでいることから、単純承認とよばれています。法律上、特別な手続きをしないで3か月という期間を経過した場合は、この方法によるものとみなされることになります。ただし、実は亡くなった人からの遺産というのは、当然ながら現金、預金、不動産といったプラスの財産もあるのですが、場合によっては、借金そのものや、他人の借金の保証人としての債務、滞納している税金や家賃などといった、あまり受けとりたくはないマイナスの財産も含まれているものです。単純相続でマイナスの財産まで受け継いでしまった場合、こんどは遺族が借金などの債務に苦しむことになってしまいます。

そのため、法律のなかでは3か月以内に家庭裁判所に申し立てて認められれば、限定承認といって、プラスの財産の範囲内でマイナスを受け継ぎ、差し引きがマイナスにならないような方法での相続も認められているのです。このように裁判所がかかわる手続きというのは、一般人にはなじみのないものですので、法律にくわしい弁護士に早めに相談しておくのがベストといえます。弁護士はあらゆる法律に精通していますので、具体的な進め方をアドバイスしてくれるはずです。この場合、たとえば市町村役場の無料の弁護士相談を活用することも可能ですが、遅れると手続きができないということに注意して、予約がとれないようであればふつうに地域にある法律事務所に相談を申し込んだほうがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする