相続放棄の場合と弁護士

亡くなった人から財産を相続するにあたって、気をつけなければならないことがあります。それは、財産といえば、現金、預貯金、自動車、不動産、株券などといったプラスの価値をもつものばかりだという思い込みがあると、銀行や貸金業者などからの借金や、未納の税金といった、マイナスの財産を見逃してしまうということです。そのまま何の手続きもしなかった場合、最悪ですと、みずからしたわけでもない借金をすべて背負い込み、返済に追われる羽目に陥ってしまいますので、もしもこうしたマイナスの財産があまりにも多いことが判明した場合には、相続放棄も視野に入れるべきでしょう。要するに、亡くなった人から本来は受け継ぐべき権利があるにもかかわらず、あえてその権利を放棄して、まったく財産を受け継がないということになります。

この場合、3か月以内に管轄の家庭裁判所に申し立てて、そのことを認めてもらう必要がありますが、裁判所に関連した手続きですので、できれば弁護士に相談をして、まちがいのないようにアドバイスを得ておくと、スムーズに進めることができるでしょう。なお、相続人のひとりが権利を放棄したとしても、他の相続人も自動的に放棄したことにはならないため、このような場合には、逆に他の人が借金を背負い込んでしまうというおそれもあります。そこで、法律相談を受けた弁護士にさらに依頼をして、他の相続人との連絡や調整といったことがらまでを含めて、弁護士が一手に引き受けるというかたちにする方法もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする