共有で相続した不動産の分割と弁護士

家族が亡くなって相続が開始した場合、もしも亡くなった人がもっていた不動産があれば、それは相続人全員での共有というかたちになります。ふつうは相続人全員が集まって合意をしたのち、遺産分割協議書とよばれる書類を作成して、この不動産をどのように分割するかを決定しておくのですが、そのまま共有状態にしておくというのも、当然ですが可能なことです。しかし、あとで何らかのトラブルが起こって、ふたたび不動産を分割して処分したいという場合には、いったん共有名義となっているだけにやっかいなものです。こうした場合には、法律のプロである弁護士の法律相談を受けて、どのような解決方法があるのかをアドバイスしてもらったほうがよいといえます。

その上で弁護士に具体的な手続きを依頼するわけですが、一般的には共有物分割訴訟とよばれる民事訴訟を提起して、主張を裁判所に求めてもらうというかたちになります。もちろん、弁護士に依頼をすれば、法廷では依頼をした本人の代理人として、すべてを行ってくれますので、ある程度安心してもよいでしょう。この分割の方法についても何通りかありますが、たとえば土地を分筆してそれぞれの所有に分割するという直接的な方法もありますし、建物と敷地となっている土地が一体で分割しにくい場合には、いったん競売にかけるなどして換金した上で、そのお金のほうを分配するという方法もありますので、状況にあったものを選ぶのがよいといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする