相続で揉めないようにする為に弁護士に

骨肉の争い、と言う言葉がありますが、これを避けるのは当然です。揉める最大の理由は、お金です。特に相続関係で揉めることが多く、少しでもその可能性は下げておくことが賢明であるといえます。日本の法律では差をつけることが多少はできます。

しかし、何も相続に関しての書類を残していない場合、平等に分けることになります。それでも揉めるわけですから、しっかりと遺言書を残して、弁護士に依頼しておくとよいです。意外と揉める要素となり得るのが権利がない人が出てくることです。叔父、甥、姻戚など実際に相続権がない人が話に入ってくると確実に揉める要素になります。

そうならないように掣肘する為に弁護士に話をつけておくわけです。法律的に守っていれば良い分、と言うのがあります。それが遺留分であり、これが守られているのであれば遺産相続は確実に実行できるようになります。細かい考慮するべき項目はありますが、それも遺産を遺す側が決められることです。

例えば、大学の費用を出したとか家を建てる費用を援助したなどを考慮して、配分を決める人も多いです。但し、それは絶対的に配慮するべきことではないです。あくまで自由意志で決めてよい部分になります。弁護士に相談をするのは配分に関してではなく、手続きをしっかりと実行できるのかどうか、遺言書の書き方などです。

そうしたことを相談するだけではありますが、何もしないよりは遥かに良いです。揉める要素を消せます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする