相続の方法と弁護士への相談

亡くなった人から財産を相続するとはいっても、ふつうは何人かその資格をもった人がいるはずです。その場合、適当に遺産を分割して、それぞれが所有するというかたちにすればよいのですが、すなおにそうはできない場合というのもあります。たとえば、亡くなった人が直前まで暮らしていたマイホームなどは、現金とは違って、いくつかに物理的に分けるということができませんので、どのようにすればよいのかがまず考えどころとなってきます。こうした場合、弁護士のような法律問題のプロに相談をすることによって、具体的な解決策がみつかるものです。

弁護士は通常は地域の法律事務所などに籍を置いていますので、あらかじめ電話などでアポイントをとってから、相談を受けるのがよいでしょう。容易に分割ができない財産の場合ですが、ひとつには相続人全員が共有というかたちにする方法があります。この場合はあとで不動産会社などに処分する場合にも、全員の同意を得なければならないため、管理上はやっかいです。また、現物分割として、マイホームは配偶者に、現金は子供にといった感じで、物理的に分割が可能なものをそれぞれ取得させるという方法もあり、この場合はどのように公平な分割が可能かが焦点です。

さらに、換価分割として、マイホームをいったん不動産会社に売却してしまって、現金化したものを公平になるように分配するということも考えられます。このように、相続にもとなう分割のしかたというのはアイディアしだいのところがありますので、実情に応じて弁護士のアドバイスを得るとよいといえます。広島で相続のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする