相続したくないときの弁護士への相談

相続というのは、親しい人が亡くなった場合には、ただちに発生するものとなっています。しかし、そのまま放置していれば、単純承認といって、亡くなった人の財産をすべて引き継ぐということになりますが、実は家庭裁判所に定められた期限までに申し立てをしておけば、相続放棄や限定承認とよばれる方法によって、財産を一部だけ引き継ぐか、あるいはまったく引き継がないという選択をすることも可能となっているのです。せっかくであれば、財産をそのまま引き継いだほうが、よほどメリットが大きいようにみえますが、実際のところはそうでもないという場合があるのです。それは、亡くなった人が生前に借金ばかりをしていたような場合や、本人ではなくても、別の人の借金の連帯保証人などになっていたという場合が考えられます。

このようなことであれば、相続をしたとしても、亡くなった人から受け継ぐのは借金を返さなければならない義務ということになってしまい、逆につごうがよくないわけです。そこで、できるだけはやく、弁護士のような法律問題にくわしい専門家に相談をして、どのような方法や手続きがあるのかを、いったん相談してみたほうがよいといえます。弁護士というのは、あらゆる法律問題を取り扱うだけの能力と権限をもっていますので、相続のような問題でも、かならず力になってくれるはずです。ただし、実際の弁護士はいつでも法律事務所のなかにいるというわけではなく、裁判などのために出張していることも多いため、相談に先立って、電話などで予約をしておく必要はあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする