相続のための書類収集と弁護士への依頼

遺産相続をした場合ですが、その遺産のなかには現金や預金などといったもののほかに、大なり小なりの不動産が含まれていることが多いものです。こうした不動産については、そのままではいつまでも亡くなった人の名義のままということになってしまいますので、適当な証拠書類を添えて、管轄の法務局に申請をして、所有権移転登記とよばれるものを行って、名義を新しく相続した人のものに変更しなければなりません。実は、この際の証拠書類としては、相続人全員が集まり作成した遺産分割協議書などのほかにも、相続人全員の印鑑登録証明書、戸籍謄本、住民票などといった、さまざまな書類が必要となってくるのです。特に、戸籍謄本に関しては、亡くなった人と相続人それぞれの関係がわかるような記載があるものが必要ですし、しかも、亡くなった人の出生から死亡までのすべての経歴があきらかなものが必要とされているのです。

そのため、コンピューター化される以前の紙の戸籍の写しや、結婚や転籍をする以前の戸籍など、かなり古い時代の戸籍なども取り寄せなければならないことがあり、一般人にとってはハードルが高いものです。こうした場合、法律問題にくわしい弁護士の助けを借りて、書類収集にあたるというのもひとつの方法といえます。弁護士はあらゆる法律問題について業務として取り扱うことができる権限を認められた存在ですので、こうした書類収集なども本人に代わって行うことが可能です。地域に弁護士がみあたらないという場合には、おおむね地方裁判所の所在地ごとに置かれている弁護士会のような組織で教えてもらうこともできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする