相続の悩みごとと弁護士

亡くなってしまった人からの財産を引き継ぐ相続というものは、なにかとトラブルの種になりやすいともいえます。ことに財産がかかわるだけに、その配分が多い、少ないということをめぐって、親族どうしでいさかいが生まれるということもめずらしいものではありませんし、逆に、亡くなった人が借金をしていたなどのために、まったく見ず知らずの他人からとほうもない金銭をいきなり請求されてとまどってしまうということもあるかもしれないのです。このような相続にかかわるトラブルというものは、話し合いで解決するというのが基本となりますが、冷静さを欠く状況のなかで、話し合いがうまく進むという保障はどこにもないのです。そこで、弁護士のようなプロにまずは相談をしてみて、これからの戦略を決めるということがすすめられます。

弁護士は法律上のトラブルであれば、オールマイティーな力を発揮しますので、たとえば、話し合いを代わりにしてもらって示談でおさめるということもできますし、それでも解決ができなければ、いよいよ裁判所にうったえて、弁護士に法廷に出てもらうということもありえます。いずれにしても、相続にかかわるトラブルというのは、解決できないということはありませんし、その解決方法というものも、ひとつだけというものでもないのです。誰にも相談することなく、ひとりで抱え込んでしまっては、たしかに解決ができずに膠着ということも考えられますが、プロのちからを頼ることによって、有効な道筋が見えることもあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする