相続のトラブルと弁護士

相続というのは財産がかかわるだけに、親しい間柄であったとしても、さまざまなトラブルに発展してしまう可能性をもっているものです。たとえば、遺産を受け継ぐべき相続人が何人もいる場合には、通常は遺産分割協議とよばれる話し合いによって、誰がどのようなものを取得すべきかを決めることになります。しかし、協議の結果に納得できないという人も、なかにはいるかもしれません。また、生前にマイホームを新築するための資金を援助してもらったような人がいる場合には、その人が他の相続人と同様に財産を配分されるというのは不公平とうつることもあります。

これとは逆に、亡くなった人を献身的に介護していた人にとっては、他の相続人と同じ割合での相続というのもおかしなことと考えるはずです。こうしたさまざまな背景から生じたトラブルについては、やはり法律問題の専門家である弁護士に相談をして解決するのがよいといえます。法律というのは個人の自由を規制するという面もありますが、反対に、公平な視点から個人の権利を守ってくれるという側面もあり、弁護士はそうした法律の活用を助けてくれる存在であるといえます。弁護士ができることがらは多岐にわたりますが、民事訴訟として相手を訴えるということによって決着をつけるだけではなく、相手と話し合いをして和解や示談にもちこむという方法もあり、どちらも本人の代理として行ってもらうことが可能です。

もしも不安がある場合には、いったん弁護士による法律相談を受けた上で、正式に依頼するかどうかを決めればよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする