相続の相談を弁護士に依頼するケースとは

遺産相続は一生のうちに何度も行うものではありませんが、被相続人の死亡から葬儀などを行いひと段落したくても、手続きは待ってはくれません。いざという時に慌てないように事前にケースによる遺産相続の相談をする士業を理解しておく必要があります。一般的に遺産相続に関わる士業は、弁護士をはじめ税理士、司法書士、行政書士などの士業が関わるケースがあり、ひとつの士業に依頼をすれば、全て行えるわけではありませんが、多くの場合は提携をしている事務所を紹介してくれたり、相談をすれば対応はしてくれるようになっています。遺産の内容が不動産がある場合には名義人の変更などの登記上の手続きが必要になりますので、一般的に司法書士が担当します。

この他の財産がない場合やあっても税金の対象にはならない時には税理士の出番はありません。相続税が発生する場合には税理士の協力が必要になります。弁護士に依頼をする場合は、遺言書の有無をはじめ、遺産の分配の段階でもめてしまった時には状況によって裁判などのケースもあるので弁護士の存在が重要になってきます。裁判の手続きなどの書類関係は、司法書士でも相談にのったり書類を作成する事は可能ですが、実際に代理人として調停での活動ができるのは弁護士のみとなっています。

実際にごく一般的なご家庭の場合でも分配協議がすんなりいかない事が多いようで、弁護士に依頼をする事が必要になるケースも増加傾向にあるようです。どの専門家でも得意としている分野もありますので、できるだけ事前に調べておくことが必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする