相続のための書類と弁護士

亡くなった人のもっていた現金、預金、不動産、自動車などといった財産を、その人に血縁的に近い人が受け継ぐというのが、相続とよばれる制度になります。この相続にあたって、特に不動産のような、もともと高額な評価がされるものを取得してしまった場合には、所有権移転登記とよばれる名義を変更するための手続きにも、実は相当の労力が必要となることがあるのです。不動産はその見た目からでは誰が持っているものなのかがわかりませんので、登記といって、法務局に持ち主の住所氏名などを登録しておいて、誰でも閲覧ができるようにするという証明方法をとっているのは周知のとおりです。そこで、なりすましなどによって、この登記された事項が不当に書き換えられたりしないように、名義変更にあたっては、申請書とともに、相続したことを確実に証明できるような書類の提出を求められるのです。

一般的にいえば、そうした書類としては、亡くなった人の経歴を出生時から追うことができる戸籍謄本や除籍謄本、相続した人全員の関係や所在がわかる戸籍謄本や住民票、印鑑登録証明書、そして遺産分割協議書などといったものが挙げられます。こうしたものを一度に取得するというのは、慣れない人にとっては困難が大きいため、弁護士に相談をした上で、代わりに弁護士に手続きをしてもらうという手段があります。弁護士であれは、あらゆる法律がかかわる問題を業務として処理することができる権限と知識をもっていますので、書類の収集から申請までがスムーズに行えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする