交通事故の慰謝料計算に関する知識

交通事故の慰謝料というのは、事故に遭ったことで受けた精神面での苦痛に対して支払われるお金です。精神面での苦痛を金額に換算するのは難しいのですが、これを計算するためには基準があります。また、入院と通院をしたことに対して支払われるお金と、後遺障害をおってしまったことに対して支払われるお金があります。その金額を計算するにあたり、入通院の場合のまずひとつめの計算基準が、自賠責保険による計算です。

自賠責保険は強制保険とも呼ばれていて、公道を走る車両の全てに加入の義務があるのですが、この自賠責保険からは1日あたり4200円が交通事故の慰謝料として支払われるルールになっています。また何日間分支払われるかという点については、入院した日数と通院していてた期間の合計と、入院期日数と実際に病院に通った日数の合計の2倍のいずれか短期間の日数が支払いの限度とされます。また自賠責保険の計算式では支払いの限度額が設定されていて、支払われる最高額は120万円と決められています。よって、日数で計算をした慰謝料がこの金額を超えてしまう場合は任意の自動車保険でカバーすることとなります。

自賠責保険と異なり、任意保険の方は各損害保険会社が独自に制度を定めていますので交通事故で被った精神的な苦痛に対して支払われる金額の計算方法もそれぞれです。またもうひとつ、弁護士基準による交通事故の慰謝料の計算式があります。こちらは裁判の判例を基にして編集されている赤い本を基準にする計算方法で、裁判基準とも呼ばれています。弁護士あるいは裁判基準の交通事故の慰謝料は、けがの程度や通院期間が長期化するなどの事情、また手術の有無などによって他のふたつの計算方法よりも高額で算出されるという特徴があります。

なお、後遺障害については、医師が診断した後遺障害の等級に基づいて精神的な苦痛に対してお金が支払われるのが一般的です。広島の交通事故の慰謝料のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする