交通事故の慰謝料の種類と計算のしかた

慰謝料というのは、被った損害や損失によって受けた精神的な苦痛にたいして支払われるお金です。ですから、交通事故の場合も支払われます。ここで、交通事故の慰謝料と一言で言っても実はふたつの種類があります。それは、入院や通院をしたことに対して支払われるものと事故が原因で後遺障害と認定された時に支払われるものです。

後遺障害の方は、医師による後遺障害の診断書にもとづいて支払われるのが一般的です。後遺障害には等級という制度があり、診断書上で明記された等級にもとづいて慰謝料が支払われます。一方、交通事故が原因で入院や通院をしてしまった場合の慰謝料の計算方法は若干複雑です。それは、その計算式に3つの種類があるからです。

その3つというのは、自賠責の基準、任意の自動車保険の基準そして弁護士による基準です。これらの計算方法のうち、弁護士による基準は裁判の判例を基にしているものであるため裁判基準とも呼ばれています。自賠責保険は被害者の救済という目的で法律によって制定された制度で、どこの保険会社で加入しても保険料も補償の内容も同一というはっきりした基準があるのが特徴です。入院や通院をした場合、自賠責の基準では実際に通院した日数を2倍した日数か治療期間のどちらか短い日数を採択して、それに1日あたり4200円という金額が精神的な苦痛に対して支払われることになっています。

この自賠責の基準で支払額が120万円を超えると、任意保険の基準でカバーすることになります。任意保険基準は各保険会社により異なりますので交渉が必要です。さらに、弁護士あるいは裁判の基準は実際の判例を基準にしていますので他のふたつの基準に比べて交通事故の慰謝料は最も高く計算されるのが一般的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする