交通事故の慰謝料には3つの基準がある

交通事故にあったときに、加害者に対して慰謝料の請求を行えますが、金額の算出方法には3つの基準があります。相手側の保険会社の交渉に従って手続きを行ってしまうと低い金額になってしまうため注意します。交通事故の慰謝料の算出には自賠責保険、任意保険、弁護士の基準があり、対人に対する補償しかしていない自賠責保険が最も低く、弁護士が高くなっています。できるだけ高い金額を請求するには弁護士基準を適用する必要があります。

ただし、弁護士基準は個人で持ち出してもそれが受け入れられることはほとんどなく、それを適用するための根拠が必要になります。これには弁護士に対応を依頼するのが一般的です。弁護士を利用した場合、請求額を多くできますが、依頼料などが発生するデメリットもあります。しかし、自動車保険には弁護士の利用で発生する費用に適用できる弁護士特約が付いているものも多く、負担を軽減できるのでこの費用はあまり気にする必要はありません。

弁護士が付いていることで、示談交渉で無知に付け込まれて不利な条件を受け入れさせられる心配もなくなるため、できるだけ利用を検討した方が良いです。弁護士基準の慰謝料の算出は交通事故紛争処理センターを利用して行うこともできます。無料で弁護士を利用できるため、費用を抑えたい場合に便利です。ただし、相手が請求に応じずに裁判になった場合には弁護士費用が発生します。

また、センターの数が少ないため、解決までに時間がかかることが多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする