慰謝料の計算は交通事故によって異なる

慰謝料の計算方法は、それぞれの交通事故によって大きく変わる傾向があります。例えば、一般的に利用される交通事故に関する慰謝料の計算方法は自賠責保険を基準に考えられます。基本的に、慰謝料の請求金額には上限がなく被害者の意思によっていくらでもお金を請求することが可能です。ただし、自賠責保険の場合は基準が一律に設定されておりそれを基準として計算しなくてはいけません。

交通事故があったときには、一日当たり4200円を基礎としてケガを治療するにかかった日数やそのケガを治すために必要になった入院日数を計算することになるのです。しかし、こうした慰謝料に関する計算法は自賠責保険だけであって一般的な保険会社では適用されません。一般的な保険会社では各々のケースに対して個別具体的にどのような金額を設定するのかを決めなくてはいけないのです。そうした決めた金額を、保険会社は示談交渉の場で提示することになります。

もちろん、保険会社が提示する示談金額がそのまま被害者に見合った金額として受け入れられるわけではありません。示談交渉の金額は、あくまでも事故に関わった当事者が納得をした上で決定するものです。仮に、保険会社のほうから提示された金額に不満点がある場合にはさらに議論をかさね、より大きな慰謝料を相手に対して請求することも可能です。このように交通事故に関する各々の計算はケースや適用される保険によって異なるため、安易に相手の示談に乗らないように気をつけなくてはいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする