保険で対応交通事故の慰謝料

自転車、バイク、車などを運転するなら交通事故に巻き込まれたり、自分が交通事故を起こしてしまう可能性は、必ずついて回ります。避けて通るのは難しく、誰もが、一度や、二度、何度でも経験してしまうこともあります。交通事故が、自損で済むのなら不幸中の幸いですが、相手に怪我をさせてしまったり、相手の車や、バイク、自転車を破損させてしまった場合には、その保証や、慰謝料が必要となります。事故を起こしたり、巻き込まれてしまった時には、怪我をした場合、怪我をさせた場合は、先ず、救急車を呼びます。

怪我をしていない場合は、警察と、保険会社に連絡して、来てくれるまで待ちます。その際車などは、他の車などの通行を妨げてしまわないように路肩まで動かします。事故の影響などで車が動かない場合は、ハザードランプなどをつけて周囲に知らせて下さい。警察に事故証明を貰って、それから、両方の保険会社同士話し合いをしてもらえると慰謝料の話もスムーズに運びます。

相手の方に事故の責任が重く、自身が、怪我を負ってしまった場合には、相手に慰謝料の請求をすることが出来ます。しかし、相手が保険を掛けていなかった場合には慰謝料の請求が困難になる場合があります。請求しても支払ってもらえないなどの時には、自分の保険会社担当の方と話してもらいましょう。交通事故では、社会保険や、国民健康保険の対象外で実費を支払う必要があるため高額なお金を現金で支払う必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする