弁護士相続とはどんなメリットがあるの?

相続の各種手続きは個人でもできるものが多いです。例えば相続登記は必ず法律家に依頼してくださいという決まりはありませんので、自分でやろうとすればできてしまいます。また、相続時の預金の手続きは法律家に依頼することもできますが、自分ですることも多いですよね。裁判所手続きである相続放棄も法律家がしなければならないというわけではありませんし、遺言書の作成も必ず法律家がしなければいけないわけではありませんから、自分で法律を調べて作ってしまう人もいます。

このように相続に関わる法律手続きは多くが自分でできてしまうものばかりです。しかし、自分でできるといっても、やはり失敗するのではないか、手続き上ミスをして後で揉めるのではないかという不安はありますよね。自分でできるけれど法律家に依頼する人はとても多いです。なぜなら、相続はたった一人でする場合もありますが、相続人として複数人とすることも多いからです。

後で揉めるよりなら専門家にきっちり解決してもらった方が安心だと思う方は非常に多いのではないでしょうか。弁護士相続のメリットはやはり後にトラブルが少ない、そしてミスがほとんどないという点です。弁護士の中でも特に相続問題を得意としている弁護士はいわば相続のスペシャリストです。自分でしてしまうより弁護士相続で手続きを一任してしまった方が手続き的にも、後のトラブルの発生を抑えるという意味でも安心です。

弁護士相続にはこのように大きなメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする