相続手続きで弁護士相続が必要な理由

一般的に相続手続きは、煩雑な書類の収集や合意が難しい遺産分割など大変な手続きとなります。そうした手続きを代理やアドバイスなどで弁護士相続にフォローしてもらえると迅速な手続きが可能となります。弁護士相続に依頼するメリットは、司法書士などとは異なり、手続きの代理につきほぼ制限がない事です。特に、相続において最も重要な手続きの一つで、争いの原因となりやすい遺産分割では大きな助けになります。

その遺産分割は相続人全員の合意があって成立します。合意に達しない場合は、家庭裁判所で調停や審判を行う必要があり、それには多くの時間と金銭を浪費します。そのため、それより前の協議で合意できる事が一番望ましいでしょう。しかし、法律上取得する事ができる遺留分や、特定の相続財産、あるいは被相続人の事業の支援あるいは療養看護などを支援していた場合の寄与分、もしくは被相続人から生前贈与など特別な支援があった場合の特別受益などを、それぞれの相続人や受遺者が主張すると、協議での合意は難しくなります。

そうした場合に弁護士相続が代理人として協議に参加すると、スムーズな合意も可能となる上、もし合意できずに調停や審判を行う事になっても、専門家である弁護士相続がいるだけで有利に事を運ぶ事ができます。ただし、注意点として、税理士の独占業務である相続税の確定申告は、弁護士であっても行う事はできませんし、弁護士相続と税理士とでは、依頼者に有利となる財産の考え方が異なるケースもあります。高齢の相続人がいる場合などは、次の相続の事も考慮しながら慎重に決定すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする