遺言を作成する時の基礎知識

遺言というのは、その人が亡くなった後の法律的なことをあらかじめ決めておき、その意思表示をするために作成するものです。この意思表示においては先方の了承は一切必要がありませんので、自分の財産の行方を自由に決めておく手段とも言えます。しかし、死後に法的に効力を持たせるためには遺言は法律が定めている方式に沿って作成されなければなりません。このことは民法にもはっきりと書かれていて、法律で定められた書式以外のものは無効とされてしまいます。

よって、遺言を作成するにあたっては、法律にもとづく正しい知識が必要です。遺言を作成するメリットは、まず第一には遺産の行方についての意思表示ができることです。相続が発生した時に亡くなった人の意思表示がないと法定相続が行われますが、正式な方式で遺された意思表示があればそれは法定相続に優先されます。よって、財産が細分化されることを回避することもできますし、法定相続人にはならない人例えば特別に世話になった他人に財産を遺したり、法定相続人であっても法定の受け取り分を超えて財産を渡すことも可能です。

また、被相続人つまり財産を残した人の意思表示がないと相続人の間で骨肉の争いが起きるケースが少なくありません。こうした争議も未然に防ぐことができます。また誰にどれだけの遺産を渡すかが故人の意思として正式に決められていれば、相続人全員がかかわって作成する遺産分割協議書を作る必要がなく、遺言通りに名義の変更をするだけで済みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする