秘密証書遺言はメリットもあるがデメリットも大きい

秘密証書遺言というものを聞かれたことがあるでしょうか。これは読んで字のごとく内容を秘密にしておくというものです。つまりその存在はあるということを明確にしておきつつ内容については、全くの秘密にしておくことができます。作成料金は決まっていて、一律11、000円になります。

では、どのようにこの証書を作成することができるのでしょうか。遺言を残す人が公証人のところに証書を持って行きます。この証書はパソコンを使ってもまた代筆してもらっても構いませんが、ただし署名と押印に関しては自分でしなければなりません。公証人は中身を確認することはありません。

その存在のみを証明することになります。また、また2人の証人をつけてゆかなければなりませんが、その証人も存在を証明する人となります。このメリットは何でしょうか。それは内容を秘密にしておけるとと共に改ざんされる恐れがないということです。

しかしながら、デメリットもあるといえます。デメリットの一つは遺言書が発見されないという危険性があることです。これは本人が保管しなければなりません。そのため、どこに隠しているのか全くわからなくなってしまうということもあります。

さらに無効となる恐れもあります。公証人は中身を確認していませんので、法的に有効かは開けてみなければ分かりません。いざ開けてみると、その遺言が無効ということもありえます。このように秘密証書遺言はメリットとデメリットがあり、特にデメリットはかなり大きなリスクとなりますので、その辺りを考慮する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする