遺言の書き方について

遺言というのは故人が自らの死後のために遺した言葉や文章のことをいいます。相続の手続きを行う際、亡くなった人のことを被相続人といいますが、相続の際には被相続人の意思は尊重されるべきものです。その被相続人の意思を尊重し、相続争いなどの無益な争いを減らすためにも、遺言を用意しておくことは非常に重要なことです。しかし、死後に法的な拘束力を生じさせるためには、決められた条件を守って書く必要があります。

いざという時に困らないためにも、基本的な知識を身に付けておくことが大切です。書く際に用意するものとしては、破れにくい上質な用紙、ボールペンなどの消される心配のないペン、印鑑(実印)、朱肉、封筒です。そのほかにも内容に間違いがないようにするために、印鑑登録証明書や戸籍謄本、住民票などを用意しておくと良いでしょう。タイトルは「遺言書」とします。

縦書きでも横書きでもかまいませんが、直筆で書かなければ無効となってしまうので、必ず全文直筆で書かなければなりません。はじめに「遺言者○○は以下の通り遺言する」と書き入れ、「○○には○○を相続させる」というように書いていきます。法定相続人でない人に財産を渡したい場合には、「相続させる」という言葉ではなく、「遺贈する」と書くようにします。末尾には作成年月日と署名を書き入れ、押印します。

印鑑は認印ではいけないというわけではありませんが、できるだけ実印を使用すると良いでしょう。明確な言葉や文章を用い、曖昧な表現を避けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする