遺言はいつのが最善か

亡くなった後に残された家族が言い争いをしないために遺言を残しておくことは大切なことです。でもいつ書いたらよいのだろうかと思う人もいることでしょう。ではいつ書くのが良いのでしょうか。いつ書いても構わないと言えます。

遺言には時効はありません。ですから、いつ書いたとしてもその効力が失われるということはありません。ですが、遺言を書くためには当然書くための能力が求められます。法律的には満15歳以上であるならば、有効な遺言書が書けるとされています。

15歳以上であるならば、死ぬまでの間に書けばよいということになるわけです。しかしながら注意が必要です。死に際に書きますと、判断能力に欠けているとみなされることがあるからです。有効なものとなるためには財産処分に対する判断能力がなければいけません。

しかし、病気や老衰で死が近づいてきたので書いたというならば、もしかすると、それは判断能力に欠けるとみなされる危険性があります。そうなりますと無効と判断され、いろいろと面倒なことになりかねません。そうしたことを避けるために十分前もって早く書いた方が良いといえるでしょう。遺言書は一度作成するならば、書き直すことはできないということはありません。

何度書き直したとしても問題はありません。もしかすると法的に無効とされる部分が含まれている可能性もあります。それで時々法的に問題はないかどうか、その内容は今も良いと思ってるのかどうかなどを確認されると良いといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする