離婚カウンセラーという仕事について

3組に1組の夫婦が離婚する現代では、離婚経験がある女性も増えています。そんな離婚経験者の女性の中で注目を浴びている職業に「離婚カウンセラー」があります。「離婚カウンセラー」は、離婚をすすめるために必要な心構えや手続き、別れた後の相談やサポートなどを行う仕事です。通常、離婚を考えるときは弁護士や行政書士に相談しますが、あくまで法律面でのアドバイスだけになっていまい、離婚に伴う精神的なストレスまでは対処してもらうことは難しいです。

調停や裁判などを経験した人が、自分の離婚経験を活かして、同じように悩む女性の手助けを行いたいと考えて、家族問題を専門にしたカウンセラーの養成講座に通い、カウンセラーとして働くケースが多いです。離婚カウンセラーになるためには、特別な資格は必要ありませんが、心理学や離婚に関する法律、手続きなどの幅広い知識が必要となってきます。また、離婚カウンセラーは、離婚を決意している方だけでなく、できれば離婚を回避して、夫婦関係を修復して結婚生活を持続させたいと考える人へのサポートも業務内容に含まれます。離婚という人の人生を大きく左右する事柄を扱うため、責任も大きいですがやりがいもあります。

カウンセラーに活かせる資格としては、臨床心理士やNPO法人(日本家族問題相談連盟)が主催している離婚カウンセラー資格が有名です。カウンセラーの中には、書籍などを出版して雑誌やテレビなどに出演している有名人もいます。行政書士などの法律関連の資格と並行して取得する人も多いです。顧客がつけば、独立開業することも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする